テレビ番組で得た情報です。

ウィキペディアから借用しました。
ニューヨークの雄牛です。

ブロンズ像は、屢々触ると手や指で磨かれて、その部分が光ります。

Kick the Charging Bull arse!

というわけで
よく触られる部分が光っている写真です。

こちらは、フリッカーから借用しました。


The bull from behind - New York's City Financial District

再びウィキペディアから借用です。

まあ

借用だけで
一頁作ってしまいました。